ペット(愛犬)と過ごす日々はあたたかくて愛おしい日々♪

うちのわんこは11歳トイプードルです。この11年間で彼とはかなり意思疎通できるようになったなあと感じています。朝起きると、一緒にリビングに行きたい場合は尻尾を勢いよくフリフリして膝に乗ってきます。

まだリビングに行きたくない場合は尻尾を振って近寄って来るものの、抱き上げようとすると後ずさりして自分の小屋へ入り込みます。日によって気分が違うのが面白いです。リビングへ行くとストーブをつけるので、そうするとその前で30分ほどお座りして温まっています。

私は子供のお弁当の用意や朝の身支度で彼には構っていられませんが、彼は存在をアピールすることなく静かーにストーブの前で温まっているのです。そして夫や子供たちが仕事、学校や幼稚園へ行き、私とわんこの二人きりになり、私はみんなを送り出した後でほっと一息メールやラインのチェックなどをしようとiPhoneを触ろうとすると。。。鋭い目線をよせてきて、ときには”ムー”と低い音を出し、朝ごはんを要求します。

朝ごはん(ドッグフード)を出してやるのですが、これまた勝手には食べてくれません。ゆでたサツマイモやブロッコリー、ささみなどは勢いよく食べるのですが、ドッグフードは一緒に遊んであげて遊びながらではないと食べないのです。「ボールどこかな?」と(しかも高音で)ボールを探すふりをしたり、ボールを投げて取ってこさせる遊びをしたり。

どうやらテンションを上げてあげないとドッグフードは食べないのです。私も高い声を出してテンションを上げるので、餌やりは少々疲れます。彼が子犬の頃、全然食べないので随分と心配しました。いろんなドッグフードをやったり、手作りしてみたり。数年かけてやっと今のパターンで食べるようになりました。

さて、トイレを済ませドッグフードを食べると夕方まではのんびりと過ごしています。たまに膝に乗ってきて”なでて”と言ってきたり、私が昼食にパンを食べていると欲しがったり。(パンは手作りのものなどをたまにあげるとクセになってしまいました。大好物なのです。)こたつの中で寝ていたり、日の当たる場所で丸まっていたり。

そしてたまに撫でたり抱っこすると、ふわふわの毛とあったかい体に癒されます。夕方になると、いつ散歩に行けるのか、そわそわし始め、”さんぽ”と言うキーワードに敏感になります。ひとたび”さんぽ、行く?”と話しかけると散歩モードになり、ドッグフードをがっつき、一日のうちで彼にとって一番の楽しみのお散歩に出かけます。

散歩が終わるとまたのんびりモード。そして、私たちの食事が終わる夜8時頃、再び私はロックオンされます。ゆでたささみをあげる時間なのです。ゆでたささみと残りのドッグフードをふやかしたものをあげると、ささみは綺麗に食べます。

そして、私は子供たちの寝る準備、洗濯干し、食器の後片付けを終え10時半ごろに一息つこうとすると、余っているふやかしたドッグフードを食べるために遊ぼうと欲求してくるのです。私はまた、ボールを使って遊んでやります。そして全部ドッグフードを食べ終えると、ご褒美に犬のおやつをあげ、歯を磨いてやり寝室へ連れて行ってやります。

これが、かれと私の日々です。ペットと過ごす日々。面倒くさいことも多々ありますが、面白いこともあったり、温かい気持ちをもらっているなーと、愛しい思いの方が勝ります。いつまでも元気で一緒に過ごしたいです。